注目キーワード
【更新】2021/03/29 飯塚3R→飯塚7R 272,140円的中

オートレース SG・6勝の川口のエース!中村雅人(なかむら・まさと)選手の紹介

中村雅人はこれまでSGレースを6勝、G1、G2レースも含めたグレードレースは計19回優勝している川口の不動のエースだ。2020年後期は川口で最高位のS級6位。ここ一番のスタート力に安定したさばき、そして雨も得意と、穴のないレースぶりで全国トップの強さを披露し続けている。

SG初優勝は2010年のスーパースター王座決定戦。3年後の2013年にも同レースで2度目の優勝を飾ると、2014年と2016年にSGを各2勝して、全国トップの地位を不動のものにしている。特に2014~16年頃の中村の強さは手が付けられない状態で、今年(2020年)はスーパースター直前まで、まだ優勝がない現状は、中村ファンにとっては何とも寂しい限りだろう。

とはいえ、昨年には特別G1の「共同通信杯プレミアムカップ」で優勝を飾るなど、まだまだここ一番での強さは健在。舞台が大きくなればなるほど実力を発揮するタイプで、2020年のスーパースターでは7年ぶり3度目の優勝で完全復活をアピールするかもしれない。

スーパースターで完全復活を遂げるか!?

2020年は12月20日現在、132回走って、1着が53回、2、3着が各20回。優勝こそない(優出は14回)ものの、4割を超す勝率を残すなど、堅実な走りは続けている。通算成績でも2147回走って1着が679回だから、好調時は自信を持って頭から狙える選手の1人と言える。

過去半年の良走路での戦績は、勝率が約41%、3連対率は約69%とまずまずの走り。湿走路も5回走って4回車券に絡むなど、手堅い走りを見せている。特に直近10走に限れば、【4、3、1、2】と、勝率4割、連対率も7割と好調をキープ。この10走は飯塚G2「オーバルチャンピオンカップ」と山陽G1「スピード王決定戦」でのものだから、価値は高い。川口屈指の実力者が、年末のスーパースターへ向けて、確実に調子を上げていると言えそうだ。

中村と言えば、高額な部品の購入に頼ることなく、地道な日々の調整と、テク一本で全国区の活躍を続ける職人肌。14大会連続14回目の出場となるスーパースターで、完全復活を遂げることができるか、注目だ。

中村雅人
最新情報をチェックしよう!