注目キーワード
【更新】6月15日川口1R64,100円的中/6月15日川口6R50,000円的中/6月14日94,000円的中

オートレースSG・8冠の古豪 浦田信輔(うらた・しんすけ)選手の紹介

長く飯塚でトップの座を守ってきたのが浦田信輔だ。2000年前後から頭角を現し、SG優勝8回と、全国区の活躍を見せてきた。2011年にはスーパースター王座決定戦を制して「グランドスラム」も達成している。2020年7月に47歳となった。グレードレース制覇は2017年の「G2レジェンドカップ」が最後と、年齢的な衰えは隠せないが、グレードレース優勝40回、通算優勝回数114回のレジェンドは、まだまだ全国区の強豪として活躍が期待されている。

今年は13回優出しながら、優勝はまだない。スーパースター直前の「山陽G1 スピード王決定戦」も準々決勝で敗れたが、4戦して3、3、6、1(最終日の5戦目はレース不成立)と手堅くまとめている。昨今は勝ち切れないレースも少なくないが、堅実に車券に絡む姿勢は、常にファンへの感謝を忘れない浦田らしいレースぶりと言える。

9年ぶりのスーパースター王座決定戦制覇へ

もちろん、標的はスーパースター王座決定戦で9年ぶりに頂点に立つこと。その9年前は「勝ちます!」とレース前のインタビューで優勝を宣言。その言葉通り、有言実行で優勝を飾り、グランドスラムを達成した。

師匠は往年の名レーサーである桝崎正(2002年に引退)。雨が得意だった師匠とは対照的に、湿、ブチ走路は苦手だが、良走路ならまだまだSGでも戦える底力がある。最後のSG優勝は2015年の「オールスター・オートレース」。5年ぶりのSG制覇へ、ひそかに闘志を燃やしている。

近況は決して好調とは言えないが、大一番へ向けて、きっちり調整してくるのがSG・8冠の浦田の真骨頂。川口はスーパースター王座決定戦に加え、G1の「キューポラ杯」「開設記念グランプリレース」で各2回優勝するなど、相性は悪くない。

鍵はマシンの仕上がりと天候。大会期間中、ずっと良走路で走れるようなら、セッティングやタイヤも含め、しっかり調整を合わせてくるのが浦田という男。しぶとい走りで優勝戦に駒を進めることができれば、青山周平、鈴木圭一郎の2強に一泡吹かせるシーンも期待できる。ベテランの走りに注目だ。

浦田信輔
最新情報をチェックしよう!