注目キーワード
CATEGORY

選手

オートレース 女子レーサーの相場と車券作戦とは

現在、4つある公営競技のすべてで、女子選手が活躍しています。オートレースにも佐藤摩弥(28・川口)を頂点とする16人の女子レーサーが在籍。各レース場で日夜、ファンを魅了する走りを披露しています。ここでは、女子レーサーの歴史、相場、車券作戦などを解説していきます。 女子レーサーの歴史 昭和40年代初めまで女子選手がいたが、それ以降は長く女子レーサー不在の期間が続いた。その歴史を変えたのは、2011年 […]

森且行の同期、川口のリーダー格!若井友和選手の紹介

川口オートの代表選手の1人と言えば、若井友和だろう。廃止された船橋オートからの移籍組である永井大介、中村雅人、池田政和らと異なり、若井は同期の森且行らと同様、生粋の川口オート育ち。現在は川口オートの支部長も務めている。もちろん、選手仲間からの信頼は厚く、指導を惜しまない佐藤摩弥ら、若井を慕う若手は少なくない。 そんな若井はデビュー3年目にG1の「スピード王決定戦(浜松)」を制覇。3年後の2002年 […]

元ロードレース世界チャンピオン!青木治親選手の紹介

「青木三兄弟」と言えば、バイク好きでなくても、その名を聞いたことがある人は少なくないだろう。三兄弟の一番下の弟として、ロードレース界に大旋風を巻き起こした青木治親。1995、1996年にはロードレース世界選手権で、125ccクラスのチャンピオンに輝いた、ロードレース界のスター選手だった。 そんな青木がオートレースの選手養成所に入ったのは2003年。28歳以下と定められていた特別枠ぎりぎりの、27歳 […]

今年SGオールスター・オートレースを制覇 荒尾 聡(あらお・さとし)選手の紹介

昔から実力者の多い飯塚だが、現在のエースと言えば荒尾聡だろう。SGはまだ4冠だが、ここ4年でSGを3回制覇と、全国区の実力者に定着している。安定したさばきに、速攻力、調整力も全国区。調子に波があるのが課題だが、大一番では外せない勝負強さも秘めている。 2020年度後期の適用ランキングは青山周平、鈴木圭一郎に次ぐ自己最高タイの全国3位。今年はSGオールスター以外に、10個目のG1タイトルとなる地元飯 […]

オートレース界屈指の雨の鬼!大木光選手

大木光の代名詞と言えば、雨・湿走路での鬼の強さだろう。直近180日の湿走路の戦績は8戦5勝、車券を外したのは1回のみ。これでも大木としては物足りないと思わせる戦績で、雨・湿走路では水を得た魚のように、インコースからぶっちぎりの走りでファンを魅了するのが、大木光というレーサーだ。 大木が雨の鬼と呼ばれるようになったのは、師匠である牛澤和彦のアドバイスのおかげ。牛澤自身、湿走路をイン走法でぶっちぎる湿 […]

浜松オートのいぶし銀で全国区の強豪!木村武之選手

浜松オートのいぶし銀・実力者である木村武之は今年8月で44歳。ベテランの域に入って久しいが、2020年に山陽オートの「G1 スピード王決定戦」を制するなど、まだまだ全国でも屈指の実力者として、ファンの支持を集めている。 木村がブレークしたのは、デビュー10年後の2009年。オートレースグランプリ(川口オート)、日本選手権オートレース(伊勢崎オート)と、年間2つのSGタイトルを獲得。4年後の2013 […]

オートレース界屈指の速攻派!佐藤貴也(サトウ・タカヤ)選手の紹介

佐藤貴也と言えば、オートレース界でも屈指の速攻力を秘める実力者として存在感を放っている。2003年7月のデビューから4年目の2007年にG1レース(秋のスピード王決定戦=浜松)を制し、2018年のオールスター・オート(飯塚)で悲願のSG制覇を達成している。 そのオールスター・オートも0ハン8車の6号車からトップスタートを放ち、篠原睦、高橋貢、中村雅人、青山周平らの競り合いも味方に10周回を逃走。最 […]