注目キーワード
CATEGORY

選手

オートレース 大舞台が似合う大器 金子大輔(かねこ・だいすけ)選手の紹介

金子大輔の特徴と言えば、大舞台での豪快なレースぶりだろう。今年は4月飯塚の「オールスター・オートレース」、8月伊勢崎の「オートレースグランプリ」、10~11月川口の「日本選手権」で3度も優出。日本選手権の決勝では森且行の2着と、優勝こそないものの、2020年のSGの主役の1人として、華々しい活躍を見せている。 金子はこれまで、2011年の「オートレースグランプリ」、2015年の「全日本選抜オートレ […]

無冠の大器が花開くか⁉山田達也(やまだ・たつや)選手の紹介

山田達也と言えば、絶品なさばきが持ち味の実力者だが、いまだグレードレースを一度も制していないのが不思議と言われる。SGやG1などでも格負けしないテクニックを持ちながら、デビューして17年、大きなタイトルに縁がない。 2003年に最優秀新人選手賞を獲得した28期の逸材。同期のライバル、中村雅人とさばきなど技術面では大差ないのに、中村はSG・6勝などグレードレースを19勝と、実績面で大きく差が開いてい […]

全国屈指のスタート力を誇る女子レーサー 佐藤摩弥(さとう・まや)選手の紹介

佐藤摩弥と言えば、全国でも1、2位を争うスタート力が最大の武器と言える。たとえマシンの状態が悪くても、スタートだけは決める速攻派。エンジンが仕上がっていると、とてつもない破壊力で独走態勢に持ち込んでしまう。整備力、スタート力、ハンドルテクニック。このどれか一つでも抜きんでていればS級での活躍は可能だが、佐藤のスタート力はそれほど半端ではないということだ。 最近では追い上げるテクニックも身に着けてき […]

オートレース SG・6勝の川口のエース!中村雅人(なかむら・まさと)選手の紹介

中村雅人はこれまでSGレースを6勝、G1、G2レースも含めたグレードレースは計19回優勝している川口の不動のエースだ。2020年後期は川口で最高位のS級6位。ここ一番のスタート力に安定したさばき、そして雨も得意と、穴のないレースぶりで全国トップの強さを披露し続けている。 SG初優勝は2010年のスーパースター王座決定戦。3年後の2013年にも同レースで2度目の優勝を飾ると、2014年と2016年に […]

無冠返上に最も近い男 早川清太郎(はやかわ・せいたろう)選手の紹介

今、オートレース界で「無冠の帝王」の名に最もふさわしいのは早川清太郎だろう。今年は9月の特別G1「共同通信杯プレミアムカップ」(山陽)で完全優勝を果たし、8月のG1「キューポラ杯」(川口)も準完全V(5戦4勝、3着1回)を飾るなど、無類の強さを発揮するシーンも少なくなかった。 そのG1・2勝を含め、今年の優勝は3回だが、優出は16回と安定した活躍を披露。ただ、G1もSGも主力の顔ぶれは変わらないの […]

オートレースSG・8冠の古豪 浦田信輔(うらた・しんすけ)選手の紹介

長く飯塚でトップの座を守ってきたのが浦田信輔だ。2000年前後から頭角を現し、SG優勝8回と、全国区の活躍を見せてきた。2011年にはスーパースター王座決定戦を制して「グランドスラム」も達成している。2020年7月に47歳となった。グレードレース制覇は2017年の「G2レジェンドカップ」が最後と、年齢的な衰えは隠せないが、グレードレース優勝40回、通算優勝回数114回のレジェンドは、まだまだ全国区 […]

今年オールスター3着!SG初制覇も目前!篠原 睦(しのはら・あつし)選手の紹介

飯塚のトップ選手の1人として活躍してきた篠原睦が、今年4月に地元飯塚で開催された「SG オールスター・オートレース」の優勝戦で3着と奮闘。この優出が結果的に篠原をスーパースター王座決定戦の大舞台に導いた。 今期はS級11位、前期は同19位と、長くS級の上位選手として活躍してきた篠原だが、いまだSGはおろか、G1優勝もないのは何とも不思議だ。グレードレースは2013年飯塚の「ダブルチャンピオンシップ […]