注目キーワード
CATEGORY

選手

山陽のエース悲願のSG初制覇へ佐々木啓(ささき・けい)選手の紹介

前期S級9位、今期はS級8位で山陽のトップに立つのは、すでにベテランの域に入っている佐々木啓だ。共同通信杯プレミアムカップなど、G1レースは7勝の実力者だが、まだSGタイトルには到達していない。現在47歳で、年齢的にも後がない時期に入っている。今年のスーパースター王座決定戦制覇へ、静かに闘志を燃やしている。 佐々木の真骨頂は安定したさばきだが、ここ一番での速攻力も衰えていない。雨は得意でなく、良走 […]

オートレース ついに悲願SG初制覇「森 且行(もり・かつゆき)」選手の紹介

元SMAPメンバーで、オート界でも屈指の人気レーサーの森且行が、11月3日の日本選手権(川口)優勝戦で、4度目のSG優出にして、ついに悲願のSG初制覇を飾った。大粒の涙を流したシーンはワイドショーでも広く放映され、SMAPのメンバーもコメントを出すなど、オートレース界の枠を超えたビッグニュースとなった。 森は1997年6月に選手登録。実に23年4カ月の歳月をかけ、手につかんだ栄冠だった。デビュー後 […]

オートレース 現役屈指のレジェンド「永井大介(ながい・だいすけ)」選手の紹介

永井大介の代名詞と言えば、全てのSGレースを制したレーサーに与えられる称号である「グランドスラム」だろう。 2010年11月の日本選手権優勝で自身初の「グランドスラム」を達成すると、2014年に「ダブルグランドスラム」(2度目のグランドスラム)も成し遂げた。そして2018年12月に3度目のスーパースター王座決定戦を制し、前人未到の「トリプルグランドスラム」達成に王手をかけている。 これまで重ねたS […]

オートレース界最高の”絶対王者”高橋貢(たかはし・みつぐ)選手の紹介

1950年(昭25)10月、船橋競馬場内の専用ダートコースで初めてオートレースが開催されて以来、今年でちょうど70年。これまで広瀬登喜夫(第1回日本選手権優勝、森且行の師匠)、飯塚将光、且元滋紀、島田信廣、片平巧など多くのスター選手が活躍してきたが、中でも最高の輝きを放ってきたのが、”絶対王者”と呼ばれる高橋貢だ。 2020年11月20日現在、優勝回数は前人未到の207回。SGレース21勝、賞金王 […]

オートレース抜群の速攻力でオートレース界1位に「青山周平(あおやま・しゅうへい)」選手の紹介

現在のオートレース界で最も脂がのっている最強レーサーと言えば、伊勢崎オート所属の青山周平だろう。目下、2020年前期、後期と2期連続で選手ランキング1位(通算で4回目)。400人弱いるオートレーサーの頂点に立つ男にふさわしい強さを発揮している。 2015年と2019年には賞金王にも輝き、現在最もファンの信頼を集め、車券の売り上げに貢献しているレーサーと言える。抜群のスタート力から早めに抜け出し、後 […]

オートレース 近況の選手ランキング、賞金ランキング

2020年前期選手ランキング(適用期間は2020年4月~9月) オートレースの最上位ランクのS級は48人だが、その頂点に立つS-1は青山周平(36・伊勢崎)だ。 昨年は5つあるSGレースのうち3つのSGを制するなど、近況は絶好調。6月28日の川口G2では、ただ1人のスーパーハンデながら、永井大介(43・川口)との競り合いを制して優勝するなど、頭一つ抜けた存在となっている。 その青山と2強を形成する […]

オートレース SG・6勝の川口のエース!中村雅人(なかむら・まさと)選手の紹介

中村雅人はこれまでSGレースを6勝、G1、G2レースも含めたグレードレースは計19回優勝している川口の不動のエースだ。2020年後期は川口で最高位のS級6位。ここ一番のスタート力に安定したさばき、そして雨も得意と、穴のないレースぶりで全国トップの強さを披露し続けている。 SG初優勝は2010年のスーパースター王座決定戦。3年後の2013年にも同レースで2度目の優勝を飾ると、2014年と2016年に […]