注目キーワード
CATEGORY

コラム

オートレース予想する上で抑えておきたい豆知識

オートレースを予想する上で、選手やレースの「格」を知ることは重要です。現在、選手は約400人で、S級、A級、B級という3つのランクに振り分けられています。またレースも、最高峰のSGレースを筆頭に、特別G1、G1、G2と格付けがあり、タイトルの有無、数が選手の格を決定付けます。最高齢選手、優勝回数など含め、オートの基礎知識を見ていきます。 選手ランク S級は全選手の約12%の48人と狭き門です。上位 […]

オートレース 直前予想と前日予想の情報収集は

オートレースの予想には時間的なタイムラグがあります。簡単に言えば、前日に予想を終えている「前日予想」と、レース直前の試走をチェックしてから予想する「直前予想」の2つです。 スポーツ紙や専門紙の紙媒体は、前日に紙面を作って、印刷する必要があるため、前日夕方(ナイターの場合は前日夜)に予想を行う必要があります。 一方、Web媒体では時間に関係なくアップできるため直前予想も可能ですが、作業の手間やアクセ […]

オートレース ハンデと車券作戦

オートレースの魅力の一つに、他の公営競技にはない「ハンデ戦」があります。競馬で競走馬が背負う斤量のハンデと違い、オートレースのハンデ戦はスタート位置が異なるのです。これは横一線でスタートする競馬、ボートレース、競輪との顕著な違いで、オートレースの面白さの原点でもあります。それではオートレースのハンデについて解説していきます。 ハンデとは オートレースでは10m刻みにハンデ位置が設定されています。一 […]

オートレース 試走タイムと予想の関係性

公営競技ではレース直前、ファンの予想に直結する重要な直前情報を公開します。競馬の「パドック&返し馬」、競艇の「展示航走」、競輪の「顔見せ」などが主な直前情報と言えますが、中でもオートレースの「試走&試走タイム」は、他の公営競技にも増して重要な直前情報と言っていいでしょう。 それではオートレースの試走について、また試走タイムと予想との関連について解説していきます。 試走とは オートレースでは本番直前 […]

オートレース 予想的中させるためのポイント

オートレースは他の公営競技(競馬、ボートレース、競輪)と同じく、主に1~3着を当てるギャンブルです。オートレースには8種類(単勝、複勝、ワイド、2連単、2連複、3連単、3連複、重勝式投票券)の投票券がありますが、発売額がケタ違いに大きいJRAと違って、単・複・ワイドなどは現実的な車券とは言えず(万単位で買うと一気にオッズが下がる)、「2連単」と「3連単」が勝負車券、2連複と3連複が補助的な車券とな […]

オートレースの高額配当金はいくら?

オートレースは公営競技の中でも比較的固く収まることが多いと言われますが、時に思わぬ高配当が飛び出すのもオートレースの魅力です。試走でトップ選手の鈴木圭一郎や永井大介が他を圧倒する試走タイムを出しながら、いざレースでは一向に前に進まず、大穴を提供する。そんな苦いシーンを見たことがあるファンも少なくないのではないでしょうか。 オートレースはボートレースと同じくエンジン競技のため、エンジンの調整に微妙な […]

オートレースで儲ける3つのポイント

オートレースに限らず、公営競技で儲けることは簡単ではありません。公営競技は平均して25%ほどの控除率があり、例えば車券を1万円購入した時点で、2500円控除される計算になります。表現は悪いですが、残りの75%の掛け金をファンが互いに奪い合う形ですから、儲けることが甘くないのは理解できるでしょう。それでも確かな実力とツキがうまくかみ合えば儲けることも可能です。それではオートレースの儲け方について見て […]

オートレースの楽しみ方

とどろく爆音、オイルの匂い、最速150㎞のスピード、激しいバトル……。オートレースを体感、満喫するためには、全国に5つあるレース場で生観戦したいものです。 おいしいものを食べながら、真剣に予想し、好きな選手を目の前で応援する。オートレース場という異空間には魅力が詰まっています。 予想屋さんは必見! オートレースの場内で独特の存在感を放っているのが予想屋さんです。 予想台に乗って、1レース100円、 […]

オートレースで必読!おすすめ予想新聞は?

見オートレースを楽しむために必須のアイテムは「予想紙」です。予想紙には全国の駅、コンビニなどで発売されている「スポーツ紙」と、全国の5つのオートレース場(伊勢崎、川口、浜松、山陽、飯塚)を地元とする「専門紙」があります。 今はオートレースの公式サイトでも無料で予想(直前予想)を提供していますが、やはり爆音ととどろくオートレース場に足を運ぶなら、スポーツ紙と専門紙を手にとって予想&生観戦したいもので […]