注目キーワード
CATEGORY

伊勢崎オートレース場(群馬県)

オート予想START(スタート)は優良か悪徳サイトか検証

時間がなく情報収集が足りない場合は「予想サイト」を使うことおすすめする。こういう時は少し頭を休めて他力本願になることも必要だ。 現地の予想屋もいいがこのご時勢だとスマホでどこでも買い目が購入できるサイトが手っ取り早い。 「予想サイト」には詐欺や悪徳サイトも多く予想すらもらえないサイトもある。特にAIで予想しますというサイトはほとんど適当なので使わないほうが無難である。 今回、利用するサイトは「オー […]

伊勢崎オートレースG2レジェンドカップ優勝戦(2月14日)予想

オートレース界の”レジェンド”が多数参戦する「G2レジェンドカップ」が2月10日、伊勢崎オートレース場で開幕。14日までの5日間開催で激戦を繰り広げる。主役を務めるのは、オート界史上最高のレジェンドでもある地元・伊勢崎オートの高橋貢(49)。「絶対王者」と呼ばれる高橋貢が、川口オートの大黒柱・永井大介(44)、飯塚オートの古豪・浦田信輔(47)ら全国のレジェンドを迎え撃つ。 ”絶対王者”の高橋貢が […]

伊勢崎オートレース「G1 シルクカップ」優勝戦展望

伊勢崎オートレースの「G1 シルクカップ」は1月11日、第12レースで優勝戦が行われる。昨年の賞金王で現役最強の地元・青山周平が、無傷の4連勝で2021年のオープニング開催で完全優勝に王手をかけた。地元の伊勢崎勢では、早川清太郎がアクシデントの影響で4着敗退も、青山周平、高橋貢ら5人が優勝戦に駒を進めた。 青山周平が完全Vに王手! 王者・青山周平が手の付けられない強さで2021年も飛ばしている。初 […]

無冠返上に最も近い男 早川清太郎(はやかわ・せいたろう)選手の紹介

今、オートレース界で「無冠の帝王」の名に最もふさわしいのは早川清太郎だろう。今年は9月の特別G1「共同通信杯プレミアムカップ」(山陽)で完全優勝を果たし、8月のG1「キューポラ杯」(川口)も準完全V(5戦4勝、3着1回)を飾るなど、無類の強さを発揮するシーンも少なくなかった。 そのG1・2勝を含め、今年の優勝は3回だが、優出は16回と安定した活躍を披露。ただ、G1もSGも主力の顔ぶれは変わらないの […]

オートレース界最高の”絶対王者”高橋貢(たかはし・みつぐ)選手の紹介

1950年(昭25)10月、船橋競馬場内の専用ダートコースで初めてオートレースが開催されて以来、今年でちょうど70年。これまで広瀬登喜夫(第1回日本選手権優勝、森且行の師匠)、飯塚将光、且元滋紀、島田信廣、片平巧など多くのスター選手が活躍してきたが、中でも最高の輝きを放ってきたのが、”絶対王者”と呼ばれる高橋貢だ。 2020年11月20日現在、優勝回数は前人未到の207回。SGレース21勝、賞金王 […]

オートレース抜群の速攻力でオートレース界1位に「青山周平(あおやま・しゅうへい)」選手の紹介

現在のオートレース界で最も脂がのっている最強レーサーと言えば、伊勢崎オート所属の青山周平だろう。目下、2020年前期、後期と2期連続で選手ランキング1位(通算で4回目)。400人弱いるオートレーサーの頂点に立つ男にふさわしい強さを発揮している。 2015年と2019年には賞金王にも輝き、現在最もファンの信頼を集め、車券の売り上げに貢献しているレーサーと言える。抜群のスタート力から早めに抜け出し、後 […]

伊勢崎オート 普通開催(11月4~6日)予想と展望

11月4日開幕の伊勢崎オート普通開催はS級レーサーが不在で、A級とB級選手による混戦バトルとなる。飯塚以外の4地区からA級レーサー57人、B級レーサー38人が参戦。伊勢崎走路を走り慣れた地元選手中心のシリーズとなりそうだ。 地元の桜井晴光、清水卓らがシリーズを引っ張るか⁉ 不動の中心選手が不在で、誰にでも優勝のチャンスがありそうだが、その中で軸になりそうなのは、格上的存在で地元の清水卓と桜井晴光だ […]