注目キーワード
TAG

伊勢崎オートレース

伊勢崎オートレース「G1 シルクカップ」優勝戦展望

伊勢崎オートレースの「G1 シルクカップ」は1月11日、第12レースで優勝戦が行われる。昨年の賞金王で現役最強の地元・青山周平が、無傷の4連勝で2021年のオープニング開催で完全優勝に王手をかけた。地元の伊勢崎勢では、早川清太郎がアクシデントの影響で4着敗退も、青山周平、高橋貢ら5人が優勝戦に駒を進めた。 青山周平が完全Vに王手! 王者・青山周平が手の付けられない強さで2021年も飛ばしている。初 […]

伊勢崎オートレース G1 シルクカップ(1月7~11日)予想・展望

伊勢崎オートの1月恒例開催「第44回 G1開場記念シルクカップ」が7日、開幕する。昨年末のスーパースター王座決定戦を制し、賞金王に輝いた青山周平を中心に、地元勢は精鋭が集結。遠征勢もSGレーサーが多数参加と、今年も手に汗握る熱戦が展開される。 全国No.1王者の青山周平が走り初め! 青山は昨年末のスーパースター王座決定戦で貫禄の逃げ切りV。エンジン劣勢ながら、鈴木圭一郎、荒尾聡、早川清太郎の猛攻を […]

無冠返上に最も近い男 早川清太郎(はやかわ・せいたろう)選手の紹介

今、オートレース界で「無冠の帝王」の名に最もふさわしいのは早川清太郎だろう。今年は9月の特別G1「共同通信杯プレミアムカップ」(山陽)で完全優勝を果たし、8月のG1「キューポラ杯」(川口)も準完全V(5戦4勝、3着1回)を飾るなど、無類の強さを発揮するシーンも少なくなかった。 そのG1・2勝を含め、今年の優勝は3回だが、優出は16回と安定した活躍を披露。ただ、G1もSGも主力の顔ぶれは変わらないの […]

オートレース界最高の”絶対王者”高橋貢(たかはし・みつぐ)選手の紹介

1950年(昭25)10月、船橋競馬場内の専用ダートコースで初めてオートレースが開催されて以来、今年でちょうど70年。これまで広瀬登喜夫(第1回日本選手権優勝、森且行の師匠)、飯塚将光、且元滋紀、島田信廣、片平巧など多くのスター選手が活躍してきたが、中でも最高の輝きを放ってきたのが、”絶対王者”と呼ばれる高橋貢だ。 2020年11月20日現在、優勝回数は前人未到の207回。SGレース21勝、賞金王 […]

オートレース抜群の速攻力でオートレース界1位に「青山周平(あおやま・しゅうへい)」選手の紹介

現在のオートレース界で最も脂がのっている最強レーサーと言えば、伊勢崎オート所属の青山周平だろう。目下、2020年前期、後期と2期連続で選手ランキング1位(通算で4回目)。400人弱いるオートレーサーの頂点に立つ男にふさわしい強さを発揮している。 2015年と2019年には賞金王にも輝き、現在最もファンの信頼を集め、車券の売り上げに貢献しているレーサーと言える。抜群のスタート力から早めに抜け出し、後 […]