注目キーワード

伊勢崎オートレース「G1 シルクカップ」優勝戦展望

G1 伊勢崎オートシルク杯優勝戦青山周平

伊勢崎オートレースの「G1 シルクカップ」は1月11日、第12レースで優勝戦が行われる。昨年の賞金王で現役最強の地元・青山周平が、無傷の4連勝で2021年のオープニング開催で完全優勝に王手をかけた。地元の伊勢崎勢では、早川清太郎がアクシデントの影響で4着敗退も、青山周平、高橋貢ら5人が優勝戦に駒を進めた。

青山周平が完全Vに王手!

王者・青山周平が手の付けられない強さで2021年も飛ばしている。初日から無傷の4連勝。2日目の3・333など、4日間ともに上がり最速をマークと、エンジンは完調。無類の速攻力に、安定感抜群のさばきも加味すれば、死角なしと言っていい横綱相撲だ。

準優12Rも 試走3・24で、上がりは3・331と断トツの一番時計。気温8度、走路温度は14度だった準優9Rに対し、気温、走路温度ともに5度まで下がっていたとはいえ、今節では1車だけ抜けた超抜パワーを披露した。もはやスーパーハンデでも課さない限り、負ける要素が見当たらない快進撃。周回が延びる優勝戦では、なおさら堅い大本命となる。

オート予想STARTオート予想STARTアイキャッチ
・09/16浜松4R→浜松5R429,000円的中!

・09/16浜松10R→浜松11R516,260円的中!

・09/16浜松8R→浜松9R1,410,260円的中!

無料予想(5日間)で40%の的中率!

(独占情報で全オートレース的中に対応)

(1万円分タダ!無料予想365日更新!)

検証結果を見る】【公式サイトを見る

荒尾聡が打倒・青山に燃える

打倒・青山の一番手は荒尾聡だろう。準優10Rでは大外8号車から好スタートを決め、2周ホームで先頭に立つ鮮やかな速攻劇。高橋貢ら後続を突き放してゴールした。上がりは3・354と、青山に比べると差は歴然だが、準優同様に速攻から早めに抜け出す形なら、展開次第で青山と好勝負に持ち込むことも可能だろう。

また高橋貢ら、青山をのぞく地元4車も、優勝へ虎視眈々。高橋は意地で優勝戦に勝ち上がってきたが、準優で荒尾とのパワー差は歴然。優勝に絡むのは難しそうだ。むしろ内枠に組まれた地元3車が、展開次第で残り目が期待できる。

中でも、三浦康平は準優11Rのスタート直後に他車と接触する不利がありながら、佐藤貴也らを抜いて2着を死守。試走タイムも3・24と抜群で、不利がなければ好時計で独走のゴールを決めていたに違いない。打倒・青山へ、台風の目となる。

青山周平の完全Vが濃厚!相手探しの一戦

優勝戦12Rのメンバーは以下の通り。

1号車 10  仲田恵一朗(伊勢崎)
2号車 10  浅香潤(伊勢崎)
3号車 10  △鈴木宏和(浜松)
4号車 10  ▲三浦康平(伊勢崎)
5号車 10  高橋貢(伊勢崎)
6号車 10  ☆金子大輔(浜松)
7号車 10  〇荒尾聡(飯塚)
8号車 10  ◎青山周平(伊勢崎)

11日の浜松オートの天気予報は晴れときどき曇り。優勝戦の発走時刻の16時台は気温6度、降水確率は20%の良走路の予報で、スピード決着が濃厚だ。

試走でよほどの気配変動がない限り、青山の優勝は動かない。持ち前の速攻が決まれば楽勝のぶっちぎりV。もしスタートで後手を踏んでも、8周回の長丁場なら、まくり主体の追撃で先頭に躍り出る。

相手は荒尾聡、三浦康平、金子大輔、鈴木宏和の順だが、印の回らなかった仲田、浅香も速攻が決まれば残り目がある。

予想・車券買い目

車券は青山の頭固定で、8—74-743512に、8—35-7412を押さえた計18点勝負。
試走を見る前の予想で、買い目は増えるが、抜け目がないよう、万全を期したい。

伊勢崎オートシルク杯優勝戦青山周平
最新情報をチェックしよう!