注目キーワード

浜松オートレースSG 全日本選抜オートレース(2月19~23日)予想

SG 浜松オートレースSG20210219予想

2021年のオートレースSG第一弾、「全日本選抜オートレース」が2月19日、浜松オートレース場で開幕する。23日まで緊迫の5日間開催。地元スターの鈴木圭一郎を筆頭に、S級1位の現役最強・青山周平、今年絶好調のレジェンド・高橋貢らS級レーサー46人を中心に熱戦が繰り広げられる。

地元の鈴木圭一郎が打倒・青山周平へ気迫の走り!

舞台が浜松オートなら、地元の鈴木圭一郎が打倒・青山周平へ、鬼気迫る走りを披露してくれそうだ。2021年の走り初めだった浜松正月開催は、準決勝で3着に敗れ、まさかの優出もれ。しかし、続く飯塚オートの「G1 開設記念レース」は初日から3連勝と気を吐いた。準決勝は2着で優勝戦に進出も、ファイナルでは痛恨のフライング。消化不良のレースが続いている。

それだけに今年3節目となる今シリーズは、鈴木らしい快速レースで9個目のSG制覇を飾りたいところ。全日本選抜は2016年から2019年まで4連覇している相性抜群のSGで、主役の座は譲らない。

もちろん、現役最強の青山周平も優勝しか頭にない。昨年は大晦日のスーパースター王座決定戦(川口オート)を制し、賞金王&MVPを獲得。今年も初戦の伊勢崎オート「G1 シルクカップ」で完全Vを飾り、続く川口オート普通開催もスーパーハンデながら完全V。今年3節目の前節川口オート普通開催は、優勝戦で10m前の中村雅人に優勝をさらわれたが、2着は死守した。

これで今年は11戦10勝、2着1回と準パーフェクトの走りで、安定感でもライバルの鈴木圭一郎に大きな差をつけている。伊勢崎シルクカップの優勝戦では8周戦ながら上がり3・324(試走は3・22)と時計の裏付けも文句なし。今節も圧倒的な強さを見せつけるようなら、鈴木圭一郎との2強時代から、青山の1強時代に移行することになる。

オート予想STARTオート予想STARTアイキャッチ
・7/13飯塚3R→飯塚6R473,140円的中!

・7/13飯塚2R→飯塚4R694,800円的中!

・7/13伊勢崎2R→伊勢崎5R60,900円的中!

無料予想(5日間)で40%の的中率!

(独占情報で全オートレース的中に対応)

(1万円分タダ!無料予想365日更新!)

検証結果を見る】【公式サイトを見る

注目は昨年13年ぶりにSGを制した地元の伊藤信夫!

鈴木圭一郎、青山周平の2強に迫るのは、地元のベテラン伊藤信夫だ。昨年の「オートレースグランプリ」で13年ぶり5度目のSG制覇を飾り、完全復活をアピール。前節の伊勢崎オート「G2 レジェンドカップ」では無傷の4連勝で優出(5着)と気を吐いている。

その優勝戦を制したのは、オートレース界の最強レジェンド・高橋貢。1月の飯塚オート「G1 開設記念レース」に続いて、今年2度目のグレードレース制覇となり、オート界の「絶対王者」が完全復活をアピール。2017年の「オートレースグランプリ」以来、4年ぶりのSG制覇にも手が届く勢いだ。

地の利で鈴木圭一郎本命も、勢いでは青山周平が断然上!

地元の浜松オートでのSGだけに、鈴木圭一郎が死力を尽くして優勝を狙ってくる。一方、今年11戦10勝と手が付けられない青山周平も互角以上の評価が必要だ。

地の利は地元浜松勢にあり、伊藤信夫、金子大輔、佐藤貴也、木村武之もエンジンの仕上がり状況次第では優勝候補の一角に浮上する。今年好調の高橋貢、実力者の荒尾聡、中村雅人、早川清太郎らも侮れない。

◎鈴木圭一郎
〇青山周平
▲伊藤信夫
☆高橋貢
△荒尾聡
△金子大輔
△佐藤貴也
△中村雅人
△木村武之
△早川清太郎

浜松オートレースSG20210219予想
最新情報をチェックしよう!