注目キーワード

浜松オートレース 普通 開催(1月2~5日)決勝展望

浜松オートの新春第一弾開催は5日、12Rで優勝戦が行われる。王者の鈴木圭一郎が準決勝12Rで3着に敗退。まさかの優出もれで、スタンドは悲鳴に包まれた。鈴木圭一郎の戦線離脱で、優勝戦は一転、混戦模様となった。

鈴木圭一郎がまさかの準決勝敗退

準決12Rは信じられないシーンが待っていた。鈴木は3・23という別格の試走を出しながら、いつものまくりが不発に終わり、差しても届かないもどかしい展開に。ようやくゴール前で浅田の外から迫ったが、わずかに届かず3着に敗退。オート界の至宝が、正月の地元一般開催で優勝戦進出を逃すという、大波乱となった。

オート予想STARTオート予想STARTアイキャッチ
・7/13飯塚3R→飯塚6R473,140円的中!

・7/13飯塚2R→飯塚4R694,800円的中!

・7/13伊勢崎2R→伊勢崎5R60,900円的中!

無料予想(5日間)で40%の的中率!

(独占情報で全オートレース的中に対応)

(1万円分タダ!無料予想365日更新!)

検証結果を見る】【公式サイトを見る

藤岡一樹の気配が抜群!

 

準決勝は5Rと10~12Rの4個レースで行われた。天気は晴れ。気温は10度の良走路。それでは準決勝4個レースを振り返る。

準決5R
藤岡一樹はスタートで最後方に置かれ、序盤はもたついたが、それでもまくり連発で順位を上げ、最後は独走でゴール。気配の良さが目についた。渡辺篤が実力通りに追い上げ2着を確保。

準決10R
40m線最内の鈴木宏和がスタート決めて2番手に付けたが、滝下隼平が残り2周回で鈴木を捉えると、逃げる深谷も一気に交わして1着。鈴木も深谷を捕まえて2着に入った。

準決11R
20m線からトップスタートを決めたのは佐藤貴也。道中は少しもたつきながらも、5周回バックで逃げる今田真輔を捉えて1着。今田が逃げ粘って2着をキープ。

準決12R
 浅田真吾が4周バックで逃げる辻を捉えるも、5周1コーナーで田村治郎が浅田を捕まえて1着。鈴木圭一郎は残り1周で4番手。ゴール前で浅田の外からまくりで迫るも、届かず3着まで。浅田が2着に粘って優勝戦進出を決めた。
 

20m線の優勝争いも、中心は滝下と藤岡

  
 優勝戦12Rのメンバーは以下の通り。

1号車  0   今田真輔(浜松)
2号車 10   浅田真吾(浜松)
3号車 20  ☆鈴木宏和(浜松)
4号車 20  ◎滝下隼平(飯塚)
5号車 20  △田村治郎(伊勢崎)
6号車 20  〇藤岡一樹(山陽)
7号車 20 渡辺篤(浜松)
8号車 20  ▲佐藤貴也(浜松)

9 日の浜松オートの天気予報は終日晴れ予報。優勝戦の発走時刻の16時18分頃の気温は10度で、スピード決着が予想される。

ここはスピード決着に自信を持つ滝下隼平、藤岡一樹の首位争いに、大外でも速攻力上位の佐藤貴也が絡む展開。20m線で最内の鈴木宏和もトップスタートから早めに抜け出す形なら勝ち負けになる。

車券は468のBOXに468-468-3、468-468-5の計18点勝負。

浜松オート20210105決勝
最新情報をチェックしよう!