注目キーワード

伊勢崎オート 普通開催(11月4~6日)予想と展望

11月4日開幕の伊勢崎オート普通開催はS級レーサーが不在で、A級とB級選手による混戦バトルとなる。飯塚以外の4地区からA級レーサー57人、B級レーサー38人が参戦。伊勢崎走路を走り慣れた地元選手中心のシリーズとなりそうだ。

地元の桜井晴光、清水卓らがシリーズを引っ張るか⁉

不動の中心選手が不在で、誰にでも優勝のチャンスがありそうだが、その中で軸になりそうなのは、格上的存在で地元の清水卓と桜井晴光だ。実力者の清水卓は99年ムーンライトチャンピオンカップなどG1を2勝しており、前々節の伊勢崎で優勝。今年は5回優出と好調をキープしての参戦となる。

一方、桜井も07年の飯塚ダイヤモンドレースなどG1を2勝している強豪で、前々節の伊勢崎では優勝戦7着。粘り強い走りで、今年は4回優出している。清水同様、マシーンの仕上がり次第では優勝戦線をリードする存在となる。

同じく地元の吉田恵輔は今年6優出と好調。新井淳は前節の伊勢崎で優勝戦4着と奮闘した。栗原俊介はここ半年の湿走路で8戦して7回、車券に絡んでいる。天候次第で急浮上する。

遠征勢では浜松の長谷晴久に注目したい。前節の飯塚一般戦では準優勝。近10走では【2・3・2・3】と7回車券に絡むなど堅実に活躍している。

また飯塚勢も好調選手が複数参戦してきた。山本将之は今年初優勝を飾るなど、注目の期待株。またG 1優勝歴のある林弘明は前節の飯塚で優勝戦3着。半年間の湿走路では13戦して11回車券に絡むなど、雨では特に要注意だ。番田隆弘も雨で17戦して13回も3連単に貢献するなど雨巧者である。

B級の好調選手にも注目

近況好調のB級選手からも目が離せない。伊勢崎の伊藤弘幸はここ10走で【2・2・1・5】。伊藤幸人も同【3・1・1・5】と、伊勢崎の伊藤コンビには要注意だ。特に両者とも名うての雨巧者で、天候が悪くなれば一気に浮上してくる。

同じく伊勢崎の北爪勝義は前節の伊勢崎で優勝戦5着。G2を2勝している千葉泰将はここ10戦で【1・3・1・5】と堅実な走りが目につく。

遠征勢では浜松の小林頼介とベテランの広瀬豪彦、山陽の若手・角翔太郎らに期待が集まる。

優勝争いは大混戦

実力が拮抗したメンバー構成だけに、優勝争いは混戦だ。マシーンの仕上がりが鍵を握る。一応、地元勢が有利と見て、清水、桜井、吉田らに期待するが、飯塚の林。番田、浜松の長谷も差はない。ハンデに恵まれそうなB級の伊藤弘、伊藤幸、広瀬、角らも優勝戦線をにぎわせそうだ。

◎清水  卓
〇桜井晴光
▲林  弘明
☆長谷晴久
△吉田恵輔
△新井  淳
△伊藤弘明
△伊藤幸人

伊勢崎オート普通開催(11月4~6日)展望
最新情報をチェックしよう!